このサイトはJavaScriptオンを推奨します。

ベトナム技術者就職ナビ

日本で働くベトナム語が堪能な技術者のための就職・転職サイト

求人企業の皆様へ

FAQ (よくあるご質問)

よくいただくご質問をまとめました。お問い合わせの前にご一読ください。

日本で製造業関連の仕事を探しています。仕事の紹介をしてもらうにはどうしたらいいですか?

こちらのキャリア登録ページから登録をしてください。事前連絡は必要ありません。
当社コンサルタントからメール、お電話などでご連絡をいたします。
当社との面談で、条件、スキルなどを確認させていただいて、システムにご納得いただければ本登録となります。

CLOSE

キャリア登録や求人紹介に費用はかかりますか?

求職者様からいただく費用は一切ありません。
当社は求職者様を求人企業に紹介し、就職が決まった時に紹介手数料として求人企業から料金をいただくシステムになっています。

CLOSE

現在、日本で働いているのですが、会社などに勤めていても登録はできますか?

ご登録できます。「キャリア登録」より登録してください。

CLOSE

現在「留学」ビザで日本滞在しているのですが、このまま日本で働けますか?

ベトナム技術者就職ナビでは、日本在留資格の内、「技術」ビザの取得ができる方にお仕事の紹介をさせていただきます。
「技術」ビザ取得の要件をご確認ください。

» 「技術」ビザの取得要件はこちら

CLOSE

キャリア登録をすると、必ず仕事を紹介してもらえるのですか?

求職者様の経験・スキル・希望条件によっては、ご紹介までに時間がかかる場合や、
最善を尽くしますが、どうしてもご紹介できる求人情報がない場合もあります。

CLOSE

紹介してもらった仕事には必ず応募しなければならないのですか?

求職者様の経験・スキル・希望条件を考慮して、最適と思われるお仕事をご紹介できるよう努力しますが、無理におすすめはしません。
求人に応募するかどうかの最終的な判断はご自身でお決めください。

CLOSE

ここでキャリア登録をしたら他の求人に応募してはいけないのですか?

当社への求人登録をしていても、ハローワークや、他の求職活動をしていただいてもかまいません。
当社にキャリア登録をした後に就職が決まった場合は、メール、またはお電話で当社へご連絡ください。

CLOSE

転職や人材紹介サービスを利用するのが初めてで不安なのですが?

わからない事があれば、ご納得いただけるまでじゅうぶんにご説明いたします。(ベトナム人スタッフがおります)
ですが、無理におすすめしませんのでご安心ください。

CLOSE

「職業紹介」「紹介予定派遣」「技術者派遣」の、どれがよいのか分からないのですが?

当社の職業紹介には「職業紹介」と「紹介予定派遣」、「技術者派遣」の3種類があります。

それぞれに長所・短所があります。
どれを選んだらよいかわからない場合は、まずキャリア登録をしていただいて、面談の時に当社コンサルタントにご相談ください。

「職業紹介」、「紹介予定派遣」、「技術者派遣」とは

それぞれ、メリット/デメリットがあります。迷ったら当社担当コンサルタントにご相談ください。

職業紹介 (直接雇用)

職業紹介とは、正社員や契約社員として、直接企業に雇用されるシステムです。
当社は、求人企業より業務内容や給与条件などの求人情報をいただき、
求職技術者(あなた)の方からは職歴や希望条件などの求職情報をお預かりし、照合します。

メリット
  • 長期にわたって安定して働くことができる。
  • 正社員として社会保険や会社が定めた福利厚生が受けられる。
デメリット
  • 求職者、企業側ともリスクが高いので、雇用契約は慎重になる(入社しにくい)

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、正社員や契約社員として採用することを前提に、
最長6ヶ月の一定期間、派遣社員として業務を行い、その上でお互いの合意があれば、派遣先企業に直接採用されるシステムです。

メリット
  • 一定期間働いて、その企業が自分に合っているかどうかを確かめたうえで雇用契約を結べる。
  • 企業側のリスクも少ないため、比較的入社はしやすい。
  • 派遣中は、企業や仕事について当社コーディネーターから、アドバイス、フォローを受けられる。
デメリット
  • 期待された成果を上げることができなければ、雇用移転(正社員採用)はされない場合がある。

技術者派遣

技術者派遣とは、当社と社員契約(有期契約も含む)を結び、当社の派遣技術者として派遣先企業に出向し、
業務を行なってもらうシステムです。

メリット
  • 派遣社員に対するニーズは高く、求人数が多い。
  • いろいろな企業で働くチャンスがあり、どこでも専門的な仕事を続けることができる。
  • 派遣先は大手メーカー系企業の割合が多く、一流メーカーでのキャリア形成ができる。
デメリット
  • 契約によって働く場所が変わるので、そのたびに環境に慣れなければならない。
CLOSE

日本語に自信がありません

大学の留学生は日本語能力試験N2以上、日本の企業で働いている外国人はN3以上の方が多いようです。

スムーズに仕事をしたり日常生活を快適に送るためにも、日本語能力とコミュニケーション力は高めておきましょう。

CLOSE

ご不明な点は解決しましたか?

解決しなかった場合は、こちらからお問い合わせください。
» お問い合わせフォーム